MENU

エッチでボテ腹女子がアヘ顔するらっこまんどーのエロマンガ

この記事はエッチでボテ腹女子がアヘ顔するらっこまんどーのエロマンガについてご紹介します。

この作品は処女×ぶっかけものになっています。

"
タイトルエッチでボテ腹女子がアヘ顔するらっこまんどーのエロマンガ
品番d_227845
タグ主人公,ヒロイン,寺本,距離,素敵,作品,今後,展開,青春,ページ,ストーリー,商業,凌駕,続編,意味,想像,処女,最高,購入,・・・(,赤面,辟易,レベル,妄想,そっちのけ,同級生,オカズ,シーン,心底,接点,期待,安心,エッチ,お願い,最初,拒否,懇願,仕方,次回,個人,過度,おっさん,ホテル,・・・,女性,メイン,下着,バランス,ボリューム,ラスト,たくさん,不快,ジャンル,否定,要素,明記,羞恥心,清楚,現実,錯覚,現代,少女,リアル,純文学,傑作,毎回,丁寧,関係,序盤,終盤,現時点,恋愛,感情,登場,女子,楽しみ,路線,残念,変更,中心,キャラ,過程,おかげ,思い入れ,作者,パンツ,クラスメイト,パート,こだわり,問題,みたい,サンプル,スカート,おしり,一番,お気に入り,思春,少年,漫画,彼女,セックス,ギャル,成り行き,毎日,本編,演出,差分,変化,おねがい,制作,制服,成人向け,男性向け,茶髪,褐色・日焼け,日常・生活,ぶっかけ,フェラ,パンチラ,童貞,ギャル,学園もの,旧作
メーカーらっこまんどー
発売日2022/04/16 00:00
販売数5994
お気に入り数3296
レビュー数35
レビュー平均点491
一度も話したことのない隣の席のギャルっぽい女子のパンツをたまたま見てしまい、 成り行きで毎日のようにパンツを見せてもらう関係になり、 成り行きでセックスをするお話です。 ※本編765枚とさせていただいていますが、 演出上、BGのみなども含んでいます。 キャラが描かれた元となるCGは50枚程です。 差分の絵にもできるだけ変化をいれてます。 どうか一度お手に取っていただけると、たいへんたいへんうれしくたいへんありがたいです。 どうぞよろしくおねがいいたします。 制作 らこまん Twitter:rakkoman_doエッチでボテ腹女子がアヘ顔するらっこまんどーのエロマンガ

【らっこまんどー】下着ロリと少年がフェラする作品

""""""""""

処女のフェラがイチオシの作品、エッチでボテ腹女子がアヘ顔するらっこまんどーのエロマンガの紹介です。

バカデカい乳がたまらない金髪学生がホテルでセックスする展開となっています。

また、ロングヘアヒロインのフェラ中のクリトリスがエロい。

少年のチンチンが入っているおまんこから汁が溢れるのも最高。

M女学生の乳首も射精をそそられます。

フェラにハマる学生のアへ顔が最高な作品なのでロリの恋愛が好きな方は買わないと損します。

こんな人におすすめ

下着のヒロインが出る作品が好きな人

寺本さんは最高に可愛いし下着の描き込みも好き。 頭身のバランスとか本当に素晴らしい。 ちょっとずつ仲良くなってく感もニヤニヤ出来る。 ボリュームもあるし楽しめました。 ただラストに男をたくさん出して変な匂わせをするのは楽しく読んでいた分不快感を感じてしまった。 NTRジャンルを否定するわけではなくそういう要素もあるならば明記してて欲しかったかなとは思う。

寺本さんは良い意味で想像通りだったのは良かったです、特に非処女だったのが最高です。 本作を購入前に危惧してた「実は私、処女なの・・・(赤面)」という辟易するレベルの展開が無かったのは本当に良かったです。 気になる点は主人公の妄想エロが多いことです、寺本さんをそっちのけで他の女同級生を妄想で脱がせてオカズにするシーンが延々と続くので求めていた作品ではなかったのかなと心底がっかりしましたが寺本さんと接点をもった事で期待していた展開にいってくれたので安心しました。 主人公のエッチなお願いに対して最初は拒否するけど主人公が懇願することで「仕方ないなぁ」という感じに頼みを聞いてくれる寺本さんにはほんと最高でした。 次回作はあるとは思うんですが個人的には過度の期待はしていません。 たぶん主人公は寺本さんと他男が仲良く話してるのを見て 寺本さんと他男がエッチしてるのを妄想する流れが主になると思うからです、現に本作で寺本さんとおっさんがホテルでエッチしてる妄想シーンがありますし・・・。 もしくは他の女性同級生をメインにした作品になるかもですね、それだったら期待しても良いかなと思ってます。

気がついたら寺本が見せてくれるパンツが楽しみすぎて読み進めてました。 作者さんのパンツ愛すごすぎる。 サンプルにもある、”スカートをめくり、おしり見せからのパンツ”が一番お気に入りです。

こんな人におすすめ

下着のロリが出る作品が好きな人

トップ